佐賀県高等学校PTA連合会

概要

HOME > 組織の概要 > 会長あいさつ

 組織の概要 

会長あいさつ

佐賀県高等学校PTA連合会会長の西岡豊と申します。早いもので今年5年目を迎えますが、佐賀県の子どもたちの健全な成長を願いながら、これまで同様、PTA活動に全力で取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年度も新型コロナウィルスの感染拡大により、九高P連大会鹿児島大会は中止、全国高P連大会島根大会はオンラインによる開催となりました。しかしながら、子どもたちにとって大きな目標であった県の高校総体が今年度は開催できて本当によかったと思っています。1日でも早く収束し、今後就職、進学といった将来に係る重要な進路決定への影響がなくなるよう願っているところです。

さて、高度情報化やグローバル化などの社会の急速な変化の中で、高校生の教育環境や生活環境が大きく変わってきました。インターネットやICT機器等の普及により、学校教育の中でICTを利活用した教育が推し進められるなど、私たちの高校時代には予想もしなかったことが、現在の教育現場では行われています。

また、AI(人工知能)が発達し、これから先、コンピュータの能力が人間を超え、多くの仕事が自動化され、過半数の職種がコンピュータに置き換わるといわれています。AI発達が、職業の在り方、高校生の進路選択に大きくかかわりを持つことになり、こうした社会の変化に対応して、私たちはAIとともにどのように歩んでいくべきかを考える時代にきています。

このように社会環境が大きく変化しても、私たちPTAは「すべては子どもたちのために」を合言葉に、子どもたちが社会を生き抜く力を身に付け、未来への飛躍を実現する人材となるよう支援するとともに、地域社会とも連携協力しながら子どもたちの健全育成に資することが私たちの使命であると考えています。

佐高P連の会員の皆さまの多大なご協力により、全国高P大会佐賀大会は成功裏に終了することができましたが、第67回九州地区高等学校PTA連合会大会佐賀大会が2年後に近まってまいりました。今回の大会も参加していただいた皆さんに、「参加してよかった」、「楽しかった」と言ってもらえるよう準備を進めていきたいと考えていますので、今後とも皆さんのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

会長あいさつ

佐賀県高等学校PTA連合会

会長 西岡 豊