佐賀県高等学校PTA連合会

概要

HOME > 組織の概要 > 会長あいさつ

 組織の概要 

会長あいさつ

佐賀県高等学校PTA連合会会長の西岡豊と申します。早いもので今年6年目を迎えますが、佐賀県の子どもたちの健全な成長を願いながら、これまで同様、PTA活動に全力で取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和3年度も新型コロナウィルス感染症の拡大の影響を受け、九高P連大会鹿児島大会は誌上開催、全国高P連大会島根大会はオンラインによる開催となりました。県内においても、毎年10月から11月にかけて実施していました地区別指導者研修会は2年連続で中止せざるを得ませんでした。ここ2年間はなかなか思うようなPTA活動ができない中で、各単Pにおかれましては工夫を凝らしながら子どもたちのために様々な活動がなされていることに敬意を表します。

さて、こうした状況の中、次年度はいよいよ第67回九州地区高等学校PTA連合会大会を佐賀県で開催することになります。令和3年10月から、会長・副会長会議等を開催し、役員会や校長会にも検討経緯を報告しながら少しずつ準備を進めてまいりました。大会名を「つながり さがそう 佐賀大会」、実行委員長を佐賀商業高校後援会の川代勇一氏に決定し、6月10日には第1回実行委員会を開催することができました。

大会の期日は、令和5年6月29日(木)・30日(金)の2日間です。17日はホテルニューオータニ佐賀で前日会議、18日は佐賀市文化会館、SAGAプラザ(県総合体育館)で分科会や全体会等を開催することとしました。今年度の長崎大会には既に視察団を派遣し、各会場への案内・誘導、各会議の運営など、各単Pで役割を分担して視察を行ってもらいました。

4年前の全国高P大会佐賀大会は、佐高P連の会員の皆さまの多大なご協力により、成功裏に終了することができました。今回の大会も参加していただいた皆さんに、「参加してよかった」、「楽しかった」と言ってもらえるようこれからも更に準備を進めていきたいと考えています。今後とも皆さんのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

会長あいさつ

佐賀県高等学校PTA連合会

会長 西岡 豊